ホーム > Kumamoto > 熊本地震、移住について考える

熊本地震、移住について考える

あれから1ヶ月が経つわけですが

未だに余震が続いているという事実。

日本中のどこであっても地震はあるのかもしれないが

今、熊本にいる理由ってなんだ?

 

こんな記事がありました。

移住決断する住民も=土砂崩れ復旧遠く―熊本地震あす1カ月

 

我が家は被害の少なめな地域だったので、ライフラインも大丈夫でした。

 

でも、

地震前とは明らかに違う!

買い物に行くにしたって、どこなら開いているかってまず考える。

 

地震後、

スーパーの商品は欠品が多く見られた。

 

そして、

我が家のある地域より北のほうへ向かうと・・・景色が変わった。

 

倒壊している家。

ブルーシートがかけてある屋根。

いつも行っていたショッピングモールは、食品売り場だけが開いていた。

ガソリンスタンドの洗車機は、故障したという。

各所の広い駐車場をよく見るとひび割れや波打っている様子がうかがえた。

 

そして、未だにその現状は変わっていない。

いつ、復興するの?

暮らしはこの状態でも大丈夫なの?

 

息子や娘を小学校や保育園に通わせるのも、不安でしょうがない。

 

子供達も、

「地震は来る?」

「うちは壊れない?」

夜中に起きる。不安そうな声を上げる。服痛を訴える。抱っこを求める。

 

どうしたらいいんだろう?

 

いつまで続くんだろう?

 

不安ばかりが増えていく。

 

そこで、移住について考え始めた。

 

・・・どこへ行けばいいのだろう?

Mika

WordPress講座・Web集客講座の講師。
Web活用コンサルタントとしても活躍中。